マルチ商法の勧誘に騙されないために必要なこと【儲け話の対処法】

 

こんにちは、鈴木3㌢です。

 

今回はマルチ商法の勧誘で騙されないための知識について話します。

 

マルチ商法とは「紹介した会員が商品を売ると自分も儲かる」という仕組みのビジネスです。ネットでも「友達がマルチ商法の勧誘してきた」みたいなコンテンツをよく見ます。

 

そんな儲け話に騙されないように正しい知識をつけていきましょう。

 

結論:「本当に儲かる話」は「儲かってる人」だけにしか来ない

 

結論から言うと普通の会社員とかで大金を持っていない一般人に「儲かる話」は基本的に来ません。

 

理由は単純で儲かる話は、お金持っている人に話した方がお金を使ってくれるからです。

 

お金を持っていない人に「儲かる投資案件」を紹介したところで、そもそも投資するお金が少ないんだけどって話。

 

株式投資でも「稼げる株」は稼いでいる人同士だけで共有し、お金持ちはさらにお金持ちになると言うのが資本主義の構造です。

 

一般人である自分に「儲かる話」がきた時点で怪しいと思った方がいいです。

 

まず稼げる仕組みを知る

 

仮に儲かる話が自分に来たら「何でそのビジネスが儲かるのか?」のロジックをきちんと学んだ方がいいです。

 

ご自身でビジネスをしていない素人の方でも「儲かる仕組み」を理解すれば変な詐欺に引っかかるリスクを大幅に減らせます。

 

・マルチ商法:会員の手数料で儲ける
・アフィリエイト:商品紹介の手数料で儲ける
・FX:為替取引で儲ける
・物販:仕入れと売値の差額で儲ける

 

ちなみにブロガーとかyoutuberがよく「商品紹介」でやっているのはアフィリエイトというビジネスモデルです。

 

でもマルチ商法って稼げるんでしょ?

 

「会社員は労働で稼ぐ。ネットワークビジネス(マルチ商法)は仕組みで稼ぐ。」がマルチ商法の勧誘売り文句。

 

マルチ商法で本当に稼げる人はその仕組みのピラミッドの頂点にいる人だけです。会員でも下部になると他の会員の手数料が入らないので全然儲かりません。

 

マルチ商法で稼げる人=マルチ商法を最初に作った人

 

商品がクソだからマルチ商法してる

 

世間で何でマルチ商法で騒がれているかって考えた時に、一番の理由はクソな商品を売らないといけないからだと思っています。

 

というか今は商品が良ければ、SNSで口コミがバズって勝手に売れていく時代です。

 

何でわざわざマルチ商法で商品を売らないといけないのか?僕は「商品はクソだから」だと感じています。

 

稼ぎたいならスキルを身につける

 

僕は会社員時代に「楽して稼ぎたい」って気持ちがありましが、今は完全に無理ゲーって心の底から思います。

 

なぜなら僕の周りで現在稼いでいる人はきちんとスキルをお金に変えている人ばかりだからです。

 

・ブロガー:ライティングスキル、マーケティングスキル
・プログラマー:プログラミングスキル
・youtuber:トークスキル、動画編集スキル
・物販:商品選定スキル、財務会計スキル

 

スキルがゼロなのに稼いでいる人なんて僕の周りには1人もいません。稼いでいる人は必ず何かしらのスキルを持っている人です。

 

「勉強する時間がない」はウソ

 

僕は会社員時代に副業アフィリエイトをしていたのでマーケティングの勉強をしていました。でも仕事が終わってから自宅で勉強する時間は多くありません。

 

そこで車通勤中の車内ミュージックを「マーケティングセミナーの音声」に変えました。

 

通勤中はパソコンで作業が出来ないのですが耳はフリーです。運転中に音声で勉強した内容を仕事終わりの夜に作業として使う。

 

「時間が無い」という人でも隙間時間はあるはずです。SNSを見る時間。通勤中にスマホゲームしてる時間。隙間時間を活用するのはマジでおすすめです。

 

オススメのスキルはこれ

 

基本的に以下のスキルはビジネスをするなら学んでおくのがオススメです。

・マーケティング
・デザイン
・会計

一つずつ解説します。

 

  • マーケティング

 

ビジネス以外にも恋愛、トーク術、家族関係など色々使えるので超便利です。ビジネスをしない一般の方でもマーケティングの勉強はおすすめします。

 

マーケティングと聞くと「商品を売る方法」と思うかもしれませんが、正しくは「人間に行動してもらう方法」と認識しておいた方がいいです。

 

僕の場合はマーケティングを学んだおかげで、ビジネスで成果が出たのはもちろん、恋愛で彼女を作るのが簡単になったし周りの人間関係がすごく楽になりました。

 

  • デザイン

 

デザインでも広告関係のスキルがおすすめです。綺麗なデザインを作れる人はたくさんいますが「売れるデザイン」が作れる人は世間的に少ないです。

 

商品が売れやすい広告をデザインするスキルがあれば、企業から高単価で案件を取ることも可能です。僕は自信を持って言えます。

 

事実、売れる広告を作ってくれるデザイナーさんはクラウドサービスで高単価でも案件がたくさん受注できています。

 

企業からしても高いお金を広告に払ってもそれ以上商品が売れる広告なら、投資対象として魅力的です。

 

  • 会計

 

お金が稼げても財務スキルが無いと最悪の場合、赤字で税金が払えないなんてことにもなります。特にアフィリエイト系など高利益なビジネスをやっている人は「どんぶり勘定」の人が多いです。

 

僕も財務の勉強は苦手だったのですが京セラ創業者である稲盛和夫さんの本を読んで会計の勉強をするようになりました。

僕が読んだ本はこちら↓

 

特に好きなセリフだったのが以下。

「経営者は日頃から会計を勉強し、経理に指導できるようになって真の経営者になる。」

 

2019年は個人事業主から法人としてビジネスを進めましたが、会計のことは税理士に任せっきりだったので会社のお金について無知な状態でした。

 

会計を知って自分がやっているビジネスのお金の流れを理解しておくと安心してビジネスの運営が可能になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です