口臭の原因には一体どんな病気があるの?

口臭には食事が腐敗したにおい、甘酸っぱいにおい、
あるいはツンとしたにおいなど、多くのステージがあることを理解していますか?

ここでは口臭が生じる原因と考えられる病気、
その際のにおいのものについて詳しくご紹介します。

口臭はにおいの強力食べ物、お酒、喫煙などの事実上の原因の他、
歯周病や虫歯、他の病的原因に起因するものもあります。

思い浮かぶ病的原因ごとに、口臭のタイプを紹介します。

歯周病もしくは虫歯が起因となる口臭の特性

口臭のおおよその原因は口の中に見られ、
だいたい歯周病や虫歯ごとで引き起こされているのです。

歯周病それぞれでできた歯周ポケットは
、ばい菌が潜む持ってこいの場所となります。

最も、嫌気性のばい菌(空気が達しないほうが繁殖できるバイ菌の性質)は
代謝を行う際、硫化水素もしくはメチルメルカプタンというガスを発生します。

硫化水素は腐敗した卵のようなにおいや温泉施設臭に似て、
メチルメルカプタンは魚の臓物臭のようなにおいにそっくりです。

また虫歯になったら歯に空洞ができると考えますので食べカスが詰まっていてやすくなり、
その食べカスが腐敗することでにおいを発します。

虫歯が進展すると歯髄の組織が変性して、
壊死臭や壊疽臭が出て来るので気をつける必要があります。

虫歯や親知らずを抜歯してしまう場合も、
歯を抜いた部位が穴が生じてしまい、食べカスが目詰まりやすくなります。

他の病的原因による口臭の特性

口内とは違う病的原因には、次の様なものがあります。

(1)呼吸器系

気管支拡張症、肺がん、肺結核、肺腫瘍あるいはが原因と思います。
この際、タンパク質のえそ臭(肉の腐りきったにおい)が際立ちます。

(2)消化器系

胃癌、食道気管支瘻(しろう)、食道ヘルニアとかが原因と思われます。
こうした場合、タンパク質のえそ臭(肉の腐りきったにおい)が際立ちます。

(3)耳鼻咽喉系

扁桃炎、咽頭膿瘍、咽頭癌、副鼻腔炎・副鼻腔癌などが起因と考えています。
この際、タンパク質のえそ臭(肉の腐りきったにおい)が際立ちます。

(4)肝機能障害

肝硬変や肝臓癌などが関連と言われる場合の口臭というのは
、アンモニア臭を持っています。

(5)腎機能障害

腎不全といった腎機能の悪化による口臭は、
魚の腐りきったようなにおいやアンモニアにそっくりのにおいがいたします。

(6)カンジタ感染

咽頭、気管支、肺がカンジタに伝染すると、
すえた風な焦げたにおいを生じさせます。

(7)糖尿病

糖尿病が誘因の口臭は、
アセトン臭(リンゴの腐りきったような甘酸っぱいにおい)が特有です。

(8)トリメチルアミン尿症

魚臭症とも言われていて、先天的な要因や肝機能の低下などといった
後天的な背景による疾患で、魚の腐りきったようなにおいがいたします。

どちらの場合も歯周病や虫歯などと比べた場合、
病的原因で発生する口臭は気づくに乏しいことが特有です。

また、この部分に挙げたにおいがしますからといって、
思い付きで病気を自分の判断しないようにしてください。