口臭で24時間で5回以上歯磨きしてるのに臭ってしまう人の原因とは?

少し、口臭関係の知識を所有している方なら一瞬で分かります。

歯磨きをしたくらいで口臭がなくならない事実を。

けれども、「毎日入念に歯磨きを行っているのに、口臭を気にしている。」
という方が結構多いです。

これでは、どれくらいたっても口臭は改善することは不可能なのでしょうか。

ですので、今日は、正しい口臭対策法について話します。
ぜひ、ご覧ください。

24時間で5回以上も歯磨きしてしまう

「口臭が心配だから、1日に5回も歯磨きを行っているのに口臭がする。」
とお考えの方がいました。

つくづくお伺いすると、
「歯医者に訪問して、歯周病の診療を受けたのに口臭がする。

当然、歯石も取りお手入れも受けました。

もっと言うなら、3か月間隔で定期点検も取り入れています。」との内容。

「そのくせ、口臭がするのはどうしてなんでしょう?諦めるしかないと思われますか?」
とかなり気を落としておられました。

口臭で悩まれている場合としては、こういったことは特殊なことではありません。
更に言うなら、度々歯医者にもかかっているので虫歯も無いとの事。

歯科医院に口臭について相談を持ち掛けると、
「別に臭ってませんが、気にかかるようでしたら、
歯みがきを丁寧にすると良いでしょう。」といわれたようです。

これを受け、私に「自臭症なんかわけじゃないです。喉の奥のほうから臭気ます!」
と激しく訴えられました。

でも、意識してみてください。

歯磨きできれいになってくるのは歯の表面だけです。
どれほどていねいに歯磨きを行なっても、歯周ポケットの奥深い部分の歯面は磨けません。

その為、歯石ができます。

ひとつだけではありません。舌の上やほっぺの粘膜、
あるいは喉の粘膜まで歯磨きを行うことは不可能です。

はたして、すでにある歯磨きで口臭を阻止できるでしょうか?

口臭を自分で簡単に確認する方法!

寝起きや、お腹が減っている時など、
ご自身の口が臭っていたりしたらないかと懸念することありますよね。

または私じゃ気づいていないときでも、実は口臭が影響して、
周りの人を不快にさせてしまいましていたりと口臭は100害あるので1利なし。

口臭が難しいのは、自分じゃ判断するのが、困難なことです。

例えば、自分の口に手を当て、自分の息吹の臭いを嗅いでみたところで、
空気が混入してしまうので自分の臭気を知ることが出来ないです。

では客体的に自分のにおいを認識できるにはどうすればいいのでしょうか?

そこでここでは、手軽に自身の口臭を確認する方法についてレクチャーします。

コップを活用して口臭を確認

とてもお手軽な口臭測定の方法として、コップと同じく自分の息吹をはいて、
吐いた息吹のにおいを確かめる方法があります。

コップに息を吐き出してから蓋をして、
深呼吸が済んだらコップに鼻を入れ込んで息の臭いを嗅いでみましょう。

ちょっとであろうとにおいがすれば、
口臭のあるだということです。この口臭確認法は、
朝朝起きた時に行うのが大切です。

なぜなら、朝起きた時(起き抜け)の時が、
口臭が最高強い時そのため、その悪臭をかぐことで、
普段からどの位の口臭を持っているのかを把握できるからです。

朝起床して、なるべく口を開けないようにし、
歯みがきもうがいもして無い状態で確かめましょう。

しかし、この口臭は、24時間のうちで一番異臭がするものですので、
毎日の生活ではこの時下記の匂いしかしませんので恐がらないようにしてください。

オキシドール溶液で確認

オキシドール溶液を使ってうがいをすると、
歯みがきがきちんとが実施されているか、
歯垢が残されていないかを容易に確かめることが実現します。

まず、歯みがきをして、きちっと口の中をゆすぎます。

オキシドールをお水で3~10倍くらいに薄め、
口に一緒にしてからガラガラ~とうがいのような感じにすると少し口の中をゆすいでからすっきり出します。

すっきり出したオキシドールにいっぱいの泡が発生しているならば、
歯周病や歯肉炎の炎症や膿にも反作用して泡立ちに転じるため、口臭が生じていることもあります。

また、オキシドール溶液には、
トータルの3分の1くらいの泡が盛り込まれていた場合は、
歯みがきが入念にされておらず、磨き残しが見られることが想定できます。

デンタルフロスや歯間ブラシを使って、再度歯みがきをすることをオススメします。

口臭の原因には一体どんな病気があるの?

口臭には食事が腐敗したにおい、甘酸っぱいにおい、
あるいはツンとしたにおいなど、多くのステージがあることを理解していますか?

ここでは口臭が生じる原因と考えられる病気、
その際のにおいのものについて詳しくご紹介します。

口臭はにおいの強力食べ物、お酒、喫煙などの事実上の原因の他、
歯周病や虫歯、他の病的原因に起因するものもあります。

思い浮かぶ病的原因ごとに、口臭のタイプを紹介します。

歯周病もしくは虫歯が起因となる口臭の特性

口臭のおおよその原因は口の中に見られ、
だいたい歯周病や虫歯ごとで引き起こされているのです。

歯周病それぞれでできた歯周ポケットは
、ばい菌が潜む持ってこいの場所となります。

最も、嫌気性のばい菌(空気が達しないほうが繁殖できるバイ菌の性質)は
代謝を行う際、硫化水素もしくはメチルメルカプタンというガスを発生します。

硫化水素は腐敗した卵のようなにおいや温泉施設臭に似て、
メチルメルカプタンは魚の臓物臭のようなにおいにそっくりです。

また虫歯になったら歯に空洞ができると考えますので食べカスが詰まっていてやすくなり、
その食べカスが腐敗することでにおいを発します。

虫歯が進展すると歯髄の組織が変性して、
壊死臭や壊疽臭が出て来るので気をつける必要があります。

虫歯や親知らずを抜歯してしまう場合も、
歯を抜いた部位が穴が生じてしまい、食べカスが目詰まりやすくなります。

他の病的原因による口臭の特性

口内とは違う病的原因には、次の様なものがあります。

(1)呼吸器系

気管支拡張症、肺がん、肺結核、肺腫瘍あるいはが原因と思います。
この際、タンパク質のえそ臭(肉の腐りきったにおい)が際立ちます。

(2)消化器系

胃癌、食道気管支瘻(しろう)、食道ヘルニアとかが原因と思われます。
こうした場合、タンパク質のえそ臭(肉の腐りきったにおい)が際立ちます。

(3)耳鼻咽喉系

扁桃炎、咽頭膿瘍、咽頭癌、副鼻腔炎・副鼻腔癌などが起因と考えています。
この際、タンパク質のえそ臭(肉の腐りきったにおい)が際立ちます。

(4)肝機能障害

肝硬変や肝臓癌などが関連と言われる場合の口臭というのは
、アンモニア臭を持っています。

(5)腎機能障害

腎不全といった腎機能の悪化による口臭は、
魚の腐りきったようなにおいやアンモニアにそっくりのにおいがいたします。

(6)カンジタ感染

咽頭、気管支、肺がカンジタに伝染すると、
すえた風な焦げたにおいを生じさせます。

(7)糖尿病

糖尿病が誘因の口臭は、
アセトン臭(リンゴの腐りきったような甘酸っぱいにおい)が特有です。

(8)トリメチルアミン尿症

魚臭症とも言われていて、先天的な要因や肝機能の低下などといった
後天的な背景による疾患で、魚の腐りきったようなにおいがいたします。

どちらの場合も歯周病や虫歯などと比べた場合、
病的原因で発生する口臭は気づくに乏しいことが特有です。

また、この部分に挙げたにおいがしますからといって、
思い付きで病気を自分の判断しないようにしてください。

私は実践した口臭ケア方法を紹介!

辛い事に口臭は自らが気付かないということなのです。
自分じゃ大丈夫だと考えていても周囲にとって不愉快な臭いを出している場合があります。
私だって友達から言われていなければ自らの口臭に気がつく事はありませんでした。
まずは自分自身は口臭がひどいのかは冷静に、ジッと判断する事が重要ですのではないかと思います。
口臭チェック一覧を作ってみることにしましたので押さえてみてください!
これを活用して口臭予防をして貰えるのならと思います。

サプリメントで口臭ケア

ライフスタイルの中で出来る口臭予防もあれこれとやってみた訳ですが、ひとつだけでは物足りずに即効性のある口臭対策サプリを活用してみました!
色々と売られていますので気に入ったものをチョイスしていくつか入手してみました。
私が実際に使用してみて効果があったものや、無かったものについて打ち込みてみたいと感じます。
その他には全く効果の現れなかった(少なくともわたしにとっては・・・)もありましたし、どこにしてもそんなに低質のものではありませんから購入を検討している人も買う前に読んで頂ければと思います。
口臭をすぐにでも治療したいと思っている人は意識してもらえるとありがたいです!

舌苔を除去することで口臭をケアする!

どの程度歯を綺麗に磨いようがいまいが舌に舌苔(ぜったい)という名の垢がついているのなら口臭を生じさせてしまいます。
「じゃあ歯を磨いた因みに舌も磨けばいいの!?」と思うかもしれないですが、歯みがきと同じ意識で舌を磨くと舌を傷付けてしまって無意味に口臭が重くなってしまう危険があります。
舌をピカピカにする場合は磨くというより舌苔に紛れている菌を抹殺して口臭予防をするという条件があります。
私が世話になってるオーラクリスターゼロは磨くだけに限らず、口の中にスプレーするだけでも効果を発揮しますから、自宅でも出先でも容易に口臭予防が出来てお勧めできます!

歯みがきだけでも口臭をケアすることは可能です!

口臭を回復するのはそこまで難しい事ではおりません。毎日の生活の中でのスタイルをちょっと見直すのみでもうまく運ぶ場合があります。

例えば歯みがきであれば口臭専門のものを使用するだけでも良くなる場合があります!
販売品ではなかなか成果につながらない人でも専門の歯みがき粉を使うだけでもだいぶ差が出るはずです。
私がチャレンジした口臭に効果のある歯みがき粉について書きこみしててみたいと思います!

飲むだけにより口臭ケアができるお茶

長期的な対策法としていちおししたのがなた豆茶です。
「健康茶」としまして流行する事が増えたなた豆茶ですが、口臭対策としても効能が期待できます。
簡単に美味しく(笑)達成できるのが満足なところでしょう。

口臭の原因で最も多いものをランキングで紹介!

口臭は、口もしくはのどから嫌ガスが発することで発動します。

それで、口臭ガスが対話する相手に認知されることで口臭がチェックされます。

けれども、人によって一度吐き出した息を自らが嗅ぐせいで、
「口臭をしている。」と意識します。

のどで発した口臭ガスが鼻腔に到着し、「臭気。」と感じることも。

口臭が引き起こされるガスは色んな理由で生まれます。
そのうちでも口内やのどに棲息する雑菌がつくる揮発性硫黄化合物が一番目立つ口臭ガスです。

雑菌は酸素を嫌う特徴をもっています。

その為、雑菌には好んで棲息する部分があるのです。
ここの所を知らないと効率のいい口臭対策は不可能です。

貴方は口臭を治癒するために、口の中だけをケアしておりませんでしたか?

ですので、もしあなた一人で口臭で悩まれていたら、
口臭を改善するには口と喉のどっちもケアすることが求められるのです!

口臭原因の多い順番

口臭ガスをつくるのは、雑菌です。雑菌は次の元に集まります。

– 歯垢(歯周病菌等といった嫌気性細菌)
– 舌苔(ぜったい。舌が白濁色の状態)
– 膿栓(のうせん)、膿汁(のうじゅう)

口臭の9割オーバーがこの3つのどれかが要因です。
だったら、この3つの内のどれかを怪しむといいでしょう。

口臭をしないためには、歯垢(しこう)、
舌苔(ぜったい)、膿栓(のうせん)のプロテクトが欠かせません。

これからお知らせする口臭要因となる部位は、
口臭予防歯みがき粉の購入客の統計から把握したものですが、
日本口臭学会の公表でも「舌苔(ぜったい)」が口臭要素の1位でしたためうなずけます。

口臭菌の多いポイント

口臭菌が多くいるのは、舌、歯周ポケット、
扁桃の3つのポイントです。口臭を引き起こされる口臭菌が多い場所についてくわしくご案内します。

1位…舌苔・ぜったい

舌乳頭中には、食べかす、舌から剥がれ落ちてた細胞が無数にたまるため、近くに雑菌が繁殖します。

2位…歯周ポケット

歯と歯ぐきの間の溝は、ブラッシングが届かないから雑菌の群衆である歯垢がつきやすい。

3位…口蓋扁桃(へんとう

扁桃腺(へんとうせん)の穴においては、
食べかすに加えて雑菌が集中し免疫物質が出てきて、
これらの死がいが集まり膿栓(のうせん)ができます。

その膿栓(のうせん)には、更に雑菌が増加するという負のスパイラルが起きます。

口臭の原因として最も多いのが舌苔(ぜったい)です。
舌が白く変化していたら、口臭も生じていると考えるといいでしょう。